« サイト訪問者が反応する時間帯 | トップページ | 選択と集中 »

2007年10月16日 (火曜日)

反感を買うと反応が得られる

先日の内藤選手と亀田選手が対戦したボクシングWBCフライ級タイトルマッチがマスコミのみならず、ネット上でも色々話題になっています。

私は実際の試合の方は観ていないのですが、テレビなどマスコミ報道を観ると反則行為だけを大きくクローズアップして取り上げていますね。

もしこの試合の相手が亀田選手でなければ・・・・?

それほど話題にならなかったと思うのですが(笑)

ネット上では反則行為と亀田選手並びにセコンドの処分について意見は2分しているようですが、まあ、意見が分かれるというのはネットはまだメディアとしては健全な媒体だと思うんですね。(苦笑)

いずれにしても、世間がこのようなに高い関心を示すのは、「反社会性」に対する行為だからです。

”ルールを守らない”という彼の反社会的な行為に対して大衆が反感を抱いているというわけです。

実は、これはビジネスでも少しヒントになることがあります。

例えば、ネットビジネスでも非常に重要視されているセールスレターのキャッチコピーです。

キャッチコピーが悪ければ、レターの内容を読んでくれないと言われています。

キャッチコピーに盛り込む要素は色々ありますが、もし強力なキャッチコピーで相手を惹きつけたいのであれば、先ほどの「反社会性」を盛り込んだコピーにするという方法もあります。

例えば、先日のニュースにも話題になった本のタイトル「僕はパパを殺すことに決めた」も、反社会性を盛り込んだコピーであるといえます。

反社会的な行為というのは、ニュースやワイドショーになるような行為ですから、そのような観点でテレビを見ていると参考になるコピーが生まれてくるかもしれません。

ただし、利用は慎重しないと、単に反感を買って終わってしまいますので、念のため・・・

|

« サイト訪問者が反応する時間帯 | トップページ | 選択と集中 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。