« オーバーチュアのキーワードアドバイスツールが期間限定で復活!? | トップページ | 良きライバルを見つけるには? »

2007年9月28日 (金曜日)

成功には4種類のパターンがある?

世の中で”成功者”と呼ばれている人がいます。

では、成功ってどのような状態を言うのでしょうか?

最近読んだ本で、30年以上能力開発の仕事にたずさわり、これまでに、スポーツ、ビジネス、受験など、あらゆる分野で、ツキと運に恵まれた多くの成功者を輩出してきた西田文郎(にしだ ふみお)氏によると、

1.幸せそうで、幸せ

2.幸せそうで、不幸せ

3.不幸せそうで、幸せ

4.不幸せそうで、不幸せ

前半部分はいわゆる、人の目に映る部分で、別な言い方をすれば、社会的な評価や社会的な成功を表す部分。

そして、後半部分が本人の実感、もしくは心の状態を表していると。

前半の社会的な幸せに対して、人間的な成功だといいます。

例えば、2の状態を例にあげれば、見た目は成功しているようにみえるんだけれども、家庭はめちゃくちゃで奥さんや子供達からは完全に見放されてしまっているような感じですね。

いわゆる勝ち組といわれた日本の大手企業の経営者も、このようなタイプが結構多いようです。

恐らくあなたを含めた多くの人が描く理想の成功状態というのは、

1.幸せそうで、幸せ

だと思います。

しかし、人間のタイプによって、どちらかの方により重きをおいてるといいます。

他人になんといわれようと、仕事に取り組み成果を挙げようとする野心家は社会的な成功タイプ。

一方、仕事はそこそこに早く家に帰って家族と楽しく過ごしたいというのが、人間的成功を強く目指すタイプ。

ただし、成功を収めたければ、やはり前半部分の社会的な成功への欲求が強くなければならないと、多くの経営者を指導してきた西田氏は主張しています。

もし、あなたが自分が大きなリスクを犯してまでも上を目指す強欲さにかけるなら、それを引き出す方法もあるようです。

詳しくは「強運の法則」で。

|

« オーバーチュアのキーワードアドバイスツールが期間限定で復活!? | トップページ | 良きライバルを見つけるには? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。