« 複数ブラウザでのレイアウトチェック | トップページ | 横石知二氏:葉っぱをお金に替えた人 »

2007年8月 2日 (木曜日)

独自アフィリエイトシステムをテスト

最近、メールマガジンの配信もまぐまぐのような配信スタンドから、配信システムだけをレンタルして配信する独自配信に切り替わってきましたが、アフィリエイトもA8やインフォカートやインフォトップのようなASPからアフィリエイトシステムだけをレンタルして独自のアフィリエイトシステムを構築する動きが少しづつ広がってきています。

一昔前なら、独自アフィリエイトシステムを構築したいといっても、何千万もの投資が必要でしたが、最近、信じられないほど安価なアフィリエイトシステムのレンタルがあります。

実は、今、独自のアフィリエイトシステムを構築して試験運用を始めました。

最初の立ち上げが少々大変ですが、それも慣れればなんとかなりそうです。

独自アフィリエイトを導入するメリットはいくつかあります。

一つは、クレジット決済手数料の安価なシステムを自由に選べるということです。

インフォカートやインフォトップは他のカード決済代行と比較すると高い手数料で取っています。

それが、システムの開発費や運営費に充てられているのですが、売上げが増えてくると結構な手数料を取られます。

インフォカートなら毎月100万円ぐらいの売上で10万円の手数料を毎月引かれるわけです。

独自アフィリエイトシステムの場合ですと、決済代行会社も自由に選べます。最近日本語でもサービス始めたPaypalならクレジトの手数料が3%前後なので、毎月の売上げが100万円でも3万円プラス、アフィリエイトシステムの利用料とかなりコストを抑えることが可能です。

但し、デメリットもあります。

それはアフィリエイターへのコミッションの支払いも自社でやる必要があるということです。

ある程度はアフィリエイトシステムで管理はされていますし、送金も先ほどのペイパルを使えばメール1本で送金も可能ですが、支払いのミスや遅延などが発生するとアフィリエイターへの信頼を大きく損なうことになりかねないということです。

欧米では独自アフィリエイトが主流となりつつあるようですので、今から既存のASPと併用しながらテストしてみたいと思います。

|

« 複数ブラウザでのレイアウトチェック | トップページ | 横石知二氏:葉っぱをお金に替えた人 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。