« 商品のパッケージ化を考える | トップページ | タイムライン »

2007年3月26日 (月曜日)

コーチの選び方

先日のフィギュアスケート世界選手権女子フリーの安藤美姫選手や、今回、男子で銀メダルだった高橋大輔選手のコーチが、トリノで金メダルを取った荒川選手の元コーチ、ニコライ・モロゾフ氏に指導を受けているそうです。

実は私も今日、コーチングなんですが、コンサルティングと違って具体的なアドバイスというのはほとんどありません。

コーチの役目としては、成長したいと考えている個人に対して、その人が抱えている問題を客観的に整理してくれたり、目標を達成するための、色々な障害を明確にしてくれます。

またモチベーションが下がっているときには、その障害となるものを明確にしてくれたり、常に前に進めるように引っ張っていってくれます。

アメリカのビジネスマン、特に経営トップはコーチをつけるのが当たり前になっているようですが、日本ではまだまだつけている人は少ないようですね。

ただ、コーチングを提供する側にもそれなりの「コーチングスキル」が要求されます。

その辺を見極める一つの判断材料として話をよく話を聞いてくれているかどうかということになると思います。

|

« 商品のパッケージ化を考える | トップページ | タイムライン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。