« 日本人のしきたり | トップページ | たった1ヶ月でできたインターネット集客の秘訣 »

2007年3月 5日 (月曜日)

60%以上の反応

最近、迷惑メールやスパムメールなどが原因でメールの反応率が落ちてきている話があります。

しかし、ハウスリストに流すメールの反応はまだまだ高い反応があります。

私のクライアントさんで約5%~8%、リストによっては60%以上の反応があり場合もあります。

この数字は、メールの中に記載されたURL(ホームページアドレス)のクリック率ですから、開封率はもっと高いということです。

反応を高めるポイントは、もちろんハウスリストを活用するということですが、

基本は毎日大量のメールを受け取る側の気持ちになるということです。

まず、メーラーを開いて目にするのは、送信者と件名ですよね。

この送信者名が単に個人名というだけでは、多くの迷惑メールの中に埋もれてしまう可能性が高くなります。

また会社名だけだと、また売り込みかと思います。

そこで、送信者には、個人名+屋号(USPなど)という組み合わせがお勧めです。

是非、テストしてみてください。

|

« 日本人のしきたり | トップページ | たった1ヶ月でできたインターネット集客の秘訣 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。