« ハウスリストを活用する | トップページ | NLPでコーチング »

2007年2月20日 (火曜日)

「あるある」問題の裏事情

今日、ストーリーアナリストの岡田勲先生が来社されました。

岡田先生とは昨年のロスでお会いして以来です。

昨今の映画やテレビの裏事情?をいろいろとお聞きしていたのですが、そんな話の中でテレビ番組制作コストの問題の話題になりました。

約1分1万円の制作費だそうです。

思わず、「そんな安いんですか?」と・・・

高くても3万円までとか。

先日の某人気番組のねつ造が問題で、下請け、孫受けの制作会社には厳しい制作予算と高い視聴率を強いられているとの報道がありましたが、まさにそれを裏付けるお話でした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070220-00000511-yom-ent

儲かっているのは主要キー局や人気タレントさんだけのようですね。(苦笑)

約一時間ほどの高松滞在でしたが、ビジネス面でも新しいプロジェクトのお話などいろいろとお話を聞くことができ、楽しい時間をすごせて頂きました。

実は今回はお車で東京から移動されてきたとか・・・本当にタフな先生です!

お気をつけてお帰りください。

|

« ハウスリストを活用する | トップページ | NLPでコーチング »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。