« 人間性を確かめる方法 | トップページ | 潜在意識に働きかける »

2006年11月21日 (火曜日)

経営者の思考

時間がないという人にお勧めの方法があります。

それは、何かの作業に入る前に、それに見合う成果かどれぐらいあるのかをまず考えるようにします。

例えば、2時間の作業で100万円のキャッシュを生み出す作業と、8時間かけても10万円のキャッシュしか生み出さない作業ならどちろを選びますか?

当然、前者の作業ですよね。

まあこれは短期的な思考かもしれませんが、このような考え方を経営者はしているということです。

よくあるのが、一旦、”作業”を始めると、それに集中していまい、作業がそのものが目的になってしまっている場合がよくあります。

しかも作業に没頭していると仕事をやったような気分になる。(笑)

もしあなたが経営者やこれから独立しようとお考えなら、まずは大きなところからビジネスのタネになりそうなものをマインドマップを使ってピックアップしておきます。

そしてそれぞれのネタがどれぐらいのキャッシュを生み出すのかおよその数字を書き入れます。

次に、そのキャッシュを生み出すのにどれぐらいの労力が必要なのかを書き入れます。

そのようにすれば、おのずと優先順位というものが見えてきますよね。

そこから実際の作業に入り、結果をみてうまくいかない場合は、一旦その作業は中止し、別のアプローチはないか検討してみます。

もちろんこの場合も目的を明確にしておく必要があります。

目的を到達するために、たった一つの道しかないということはまずありませんからね。

|

« 人間性を確かめる方法 | トップページ | 潜在意識に働きかける »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。