« ハリウッド映画ビジネスの裏側? | トップページ | 繁盛店は味もさることながら、オペレーションにかなり気を配っています。 »

2006年9月20日 (水曜日)

マイルが貯まるという広告宣伝効果

先日お昼を食べいくとき、「ANAマイルが貯まる店は?」ということでお店を選択しました。

まだ、県内でも、まだANA提携店は数が少ないですが、単に「マイルが貯まる」という理由で、そのお店にわざわざ足を運んだということです。

店側にとっては当然、知名度の高い航空会社と提携することで集客効果を狙っているわけです。

最近、マイルなどのポイントを積極的に活用する人が増えてきましたので、まだ提携店が少ないの今だからこそメリットがあるんじゃないでしょうか。

ただし、今回わざわざ運んだこのマイルが貯まるこのお店、

店員「申し訳ございませんが、マイルが貯まるのは夕方5時以降のお食事になります」

ということでした。(苦笑)

レストランだと夕食時にしか貯まらないという店が多いようです。

|

« ハリウッド映画ビジネスの裏側? | トップページ | 繁盛店は味もさることながら、オペレーションにかなり気を配っています。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。