« 断る理由がみつからないオファー | トップページ | DMは3回打つと効果あり »

2006年8月17日 (木曜日)

お菓子の包みでブランディング?

これは、事務所のスタッフさんが徳島の阿波踊りを見に行った時のお土産で頂いた「なると金時」というお菓子です。

実はこの御菓子の包み紙がなんと!

「あれ新聞紙?」

普通ならポイと捨ててしまうところだが、実はこの包み紙には、この御菓子が新聞記事として報道されたときのものを印刷してあるんですね。(笑)

記事の内容は、この御菓子が知事賞を受賞したときのものでした。

食べならが、同時にこの御菓子が知事賞を受賞した有名な御菓子なであることをしらさせるわけです。

なるほど、なかなか面白いブランディングツールの活用法でした。

ちなみに、鳴門金時は、徳島の鳴門地方で取れるとっても甘いさつもいものブランドです。

そのさついもを使った銘菓。どことなく懐かしい甘い味わいの御菓子ということでなかなか美味でした。

菓匠 孔雀

http://www.netwave.or.jp/~nacci/busan/kuzyaku.html

|

« 断る理由がみつからないオファー | トップページ | DMは3回打つと効果あり »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。