« 必要以上に良くみせようとして失速する | トップページ | 商標は税金のかからない資産 »

2006年7月 6日 (木曜日)

しずかに消えていたロングセラー商品

先日、カーナビの地図ソフトで13年間もロングセラーを続けていた商品が昨年で地図の更新が打ち切られていた。

実は、私が今でも愛用していたカーナビの最新版はないかとネットで調べていると、発売元の株式会社ゼンリンさんのHPでひっそりとその旨が告知されていた。

いまから約12年前に購入したカーナビだが、当時26万ほどしたものが、今では同様の仕様で5万絵前後で販売されている。

いまでこそカーナビなど珍しくもないが、購入した当時はまだ、出始めのころで、ライフサイクルでいえば、まだ導入期にあった商品だったと思う。

カーナビもCD-ROMタイプから、DVD、そして今はHDD(ハードディスク)タイプへと新たな成長カーブを描きながら今も成長している。

次世代は最近、ビデオカメラや携帯音楽プレヤーでおなじみのフラッシュメモリー搭載タイプになるのだろうか・・・。

カーナビも時代とともに扱う情報量が大きくなってCD-ROMでは対応できなくなってきているということだ。

つまり私の持つハードもソフトのライフサイクルの終わりとともに寿命が近いということかもしれない・・・。

少し寂しい瞬間でした。(苦笑)

|

« 必要以上に良くみせようとして失速する | トップページ | 商標は税金のかからない資産 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。