« 映画「カーズ」を予約システムで鑑賞 | トップページ | しずかに消えていたロングセラー商品 »

2006年7月 4日 (火曜日)

必要以上に良くみせようとして失速する

「え、私が33歳に見えるって!?」

最近、事務所に入った新しいパートの女性(20代後半)に言われました。(笑)

その理由を聞くと、中年太りでもなく、活動的な感じがするからだそうです。

自分自身で特に意識しているわけではなかったので想定外の答えでしたね。

実際の年齢は伏せて起きますが・・・(苦笑)

ところで、メルマガ本文をお読みになっている読者の方は、いったい私(藤本)が何歳なのか気になった人はいないでしょうか?(笑)

実は、先週の約一週間にかけて少し試していたことがありました。

長く読んでいただいている方は気がつかれたと思いますが、メルマガ本文の文体を”ですます体”から、”だ体”に変えていたんです。

この結果、どんな変化があったかというと、これまでメルマガの感想を送ってきていただける人の年齢層は30歳~40歳が多いのですが、10歳上から20歳も上の年齢層からの感想が多く寄せられたということです。

メルマガは文章で表現する媒体ですから、文体一つとっても読者層は変わるということです。

これはどんな媒体で表現するときでも注意していかなければならない点です。

というのも、一つ間違えば、これまでの層のお客さんが離れていっていまう事だってあるわけですね。

(これまで読んでくれていた読者の方で、私が急に遠くにいってしまったように感じた人もいるようで、どうもご心配をおかけしまた。)

これと関連した話で、先日、メルマガ読者さんで某コンサルタントと電話しながら、「自分をどのようにみせるか?」というような話題で盛り上がり、コンサルタントが現場で抱える問題についてちょっとした議論になったんです。

それは、世の中には、「コンサルタント」と呼ばれる人が増えたが、

”自分を必要以上に良くみせようとして、現場との乖離が目立ち、失速するケースが非常に多くなってきている”

ということでした。

そこで彼は、そのようなケースを改善するための新たなプログラムをスタートさせています。

一言でいえば、

”コンサルタントのためのコンサルティングサービス”

クライアント先からの「過度の期待」抱かせず、「適正な評価」を得られるようにチューニングしてくれるサービスです。(ちょっとわかりずらいかな・・・)

まずは、のセールスページをみて何か感じた人は今すぐ連絡してみてください。

|

« 映画「カーズ」を予約システムで鑑賞 | トップページ | しずかに消えていたロングセラー商品 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。