« 経営者のためのマイル活用術 | トップページ | 「朝ズバッ!」とファミマのコラボ »

2006年7月24日 (月曜日)

海外旅行時の危機管理

ミスターM氏と初顔合わせ。

ミスターM氏とは、先週ご案内した若松氏の実践している中小企業オーナーのためのマイレージ活用の専門家です。

元外国政府の通訳から、ヘッドハンティングで某有名塾の講師を経て、今はご自身で開業された塾経営をされています。海外のエアライン事情に精通している方です。

そのミスターM氏と間もなく先行予約を開始する情報コンテツの事前打合せをしてきました。

噂どおり海外のエアライン事情に非常に精通されており、そのせいか本人もよく言われるそうですが、風貌までもがまるで外国人のような印象でしたね。

それはさておき・・。

今回の打合せで特に印象に残ったのが、”危機管理”というお話でした。

世界的にみて特に日本人はこの”危機管理”への認識が低いということでした。

「マイレージの活用に何か関係があるのか?」

実は、これが多いに関係してくるんですね。

詳細はまだ言えませんが、例えば、みなさんよく利用されている海外の格安航空券ですが、よくある話として悪天候で飛行機が飛ばない時や、代理店のミス手配などで搭乗できない時などトラブル発生時に、海外空港の各航空会社のカウンターで日本人はあたふたするばかりで、現地でのトラブル発生時の対応の仕方など知識を全く持ち合わせていないといいます。

また海外での滞在先のホテルなどの盗難など。

パックツアーなどで全工程で添乗員が付いている団体旅行ならまだ少しは安心できますが、マイルを活用した海外旅行は基本的に個人手配の旅行になりますので、その辺のところもしっかりと知識として持ち合わせておく必要がるということです。

実は今日はこのほかにもマイルの超活用!?なども色々教えていただきました。

但し、このような情報がおおぴらに表に出ると非常に困るということでした。正直、あまりだしたくないというのが本音でした。

なぜなら本来、マイレージプログラムは上得意客用サービスで、裏ワザ的なテクニックを大勢の人に使われると航空会社がサービスを止めざる終えないという状態になるそうです。

現に、最近、あるサービスが中止になってしまったようです。

しかし、今回、この情報をご購入頂いた方限定には、そのような情報お知らせできるステータスも設けましょうという話になりました。

正直、今すぐ誰かに言いたい!ぐらいある意味い”非常識なマイルの活用方法”ですが、これは商材を買われた方の後のお楽しみとしておいてくださいね。

詳しくは先日のこの記事をお読みください。

|

« 経営者のためのマイル活用術 | トップページ | 「朝ズバッ!」とファミマのコラボ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。