« しずかに消えていたロングセラー商品 | トップページ | 青いバラ »

2006年7月 6日 (木曜日)

商標は税金のかからない資産

やっと商標登録の登録査定が下りました。

昨年の6月10日に申請し、査定が完了するまで約1年もかかったというわけです。(苦笑)

特許庁の内部の審査手順はどのようなものかはわかりませんが、もう少し早くならないものかというのが正直な感想ですね~。

(一度、拒絶通知がきたせいもあるかもしれませんが・・・)

実は、まだ査定が終わっただけで、これら登録料6万6千円を納付し、これでやっと登録完了です。

実は、つい最近、

「ワールドカップ」

という名前の日本酒を商標を登録されている新潟の酒造メーカが話題になっていましたね。

この酒造メーカは1969年にこの「ワールドカップ」を商標登録していましたが、国際サッカー連盟(FIFA)がの商標侵害だ!ということで登録の取り消しを求めたそうですが、この請求は却下となったようです。

この会社のホームページを見ると、ちょっと遠慮気味?にサッカーのワールドカップに相乗りしているように見えるのは私だけでしょうか?(笑)

とにかく、一度登録さえ完了すれば、永遠に使え、しかも税金のかからない資産となるわけです。

<

|

« しずかに消えていたロングセラー商品 | トップページ | 青いバラ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。