« プロ十訓 | トップページ | 日々の活動に負荷をかける。 »

2006年6月19日 (月曜日)

大きな目標は、最初は小さく、徐々に大きく。

目標を達成するにはコツがある。

それは期間の設定方法にある。

例えば1年後に1億2千万の売上げを達成したいとするならば、通常よくやるのが12ヶ月間で均等にわって1ヶ月の目標を1000万とする。

しかし、こうやってしまうと、もし最初の数ヶ月で達成できない月が続いてくるtとモチベーションも一気に下がってしまう恐れがある。

そこでまず、期間を1/4に分割する。

つまり3ヶ月ごとに区切る。

そして、

最初の3ヶ月間の目標を最終目標の1割に設定。→ 1,200万

次の3ヶ月間に最終目標の2割に設定 → 2,400万

次の3ヶ月間に最終目標の3割に設定 → 3,600万

次の3ヶ月間に最終目標の4割を設定 → 4,800万

なぜこのようにするかというと、事業を起動にのせるのは、車をスタートさせるときと同じで最初は大変だが、一旦走り出すと加速がついてくるのを応用するということだ。

そして、さらに各月を四分割して約23日単位とし、先ほど同じ要領で1割→2割→3割→4割という目標を設定をしておくと、より現実的な数字に落ちてくる。

最初は小さく、徐々に大きくというのが、この目標設定のやり方だ。

是非お試しを。

|

« プロ十訓 | トップページ | 日々の活動に負荷をかける。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大きな目標は、最初は小さく、徐々に大きく。:

« プロ十訓 | トップページ | 日々の活動に負荷をかける。 »