« 「UMPホームスタディ講座」一般販売スタート! | トップページ | 個人情報保護の対策状況 »

2006年4月18日 (火曜日)

”欲しい”をパッケージ化する。

ゴールデンウィークをターゲットに旅行やホテル業界も色々なパッケージ企画を考えているうようです。

実は先日、ネットからホテルを予約しようとしたんですが、最近は本当にさまざまなターゲットニーズにかなり細かく対応したセットプランが用意されているのに驚きますね。

実際、パッケージ化していると選びやすいし、割安感もあります。

ビジネスからカップル、グループ、ファミリーはもちろんのこと、独身女性向けや、時代を反映した3世代向けの宿泊プランも容易されているんです。

そのなかでも、朝食の有無や、ディーナーをセットしたプラン、ディズニーランドやUSJなら、パークのチケット付までついているプラン、女性のための、エステ、ルームサービスなど、提供側もお客の多種多様な価値感に対応している姿がみえてきます。

私の周りでも、特に女性はワンクラス上のハイクラスなホテルに宿泊して、普段は頼まないようなルームサービスを利用したりエステを利用したりする人が増えています。働く女性のストレス解消といったところでしょうか?

少し話がそれましたが・・・

結局、私が選んだのも、いくつかの商品がパッケージ化された宿泊プランでした。

最終的には同じ金額を現地で落として帰ってくるんなら、最初からある程度パッケージされていたほうが、

”選びやすい”

ということです。

それと、

”お得感”

もありますよね。

普段なら選ばないようなサービス(先ほどの、エステやルームサービス)も、最初から付いているとお得なな感じ(実際はさほどお得じゃなくても)がします。

特に成熟業界の場合は、ただ、必要というだけではなく、”ウォンツ(欲しい)”の部分が選択のかなりのウェイトを占めているということでしょう。

逆に導入期の商品の場合は、分かりにくものが多いので、単品で売ったほうが売りやすいと思います。

ようは、分かりやすいものは売れるということだと思います。

人気blogランキング

|

« 「UMPホームスタディ講座」一般販売スタート! | トップページ | 個人情報保護の対策状況 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ”欲しい”をパッケージ化する。:

« 「UMPホームスタディ講座」一般販売スタート! | トップページ | 個人情報保護の対策状況 »