« 直販の自動車保険会社を使ってみる。 | トップページ | 経営者向けホームページ実践セミナー »

2006年3月22日 (水曜日)

ポータルサイトについて

最近、インターネット上に多種多様なコンテンツが追加され、インターネットユーザーが最初に訪れるポータルサイトが非常に複雑になり、使いづらくなってきているように思います。

特にインターネットの初心者にはどのボタンを押せば目的のコンテンツにたどり着けるか迷うと思うんですよね。

実はこれはインターネットに限らず、最近私が購入したパソコンでも同じようなことがおきていました。

デジカメの写真を取り込みたいと思ったときに、どのソフトを立ち上げればいいのか、迷ってしまったんです。(苦笑)

そこでとても役に立ったのが、「vaioナビ」という画面で、目的別にやりたい事をクリックしていけば、適したフフトが自動で立ち上げるというものです。

先ほどの「写真」ということであれば、

写真を取り込みたいのか?
写真を見たいのか?
写真を加工したいのか?
写真を印刷したいのか?

という目的に応じてソフトが自動で起動されるという具合です。

最近、デジタル家電や携帯電話でも、たくさん機能があっても使いこなせないという人が増えています。

ボタンの数を少なくしたりしていますが、自分のやりたいことと、操作が一致していないということだと思います。

先日、Yahoo!BBも初心者ユーザ向けに「スタートBB」というサイトを立ち上げています。

メニューを限定して初心でも分かり易いアイコンなどをうまく活用しています。

どんなに便利なソフト(コンテンツ)でも使ってもらわなければ話にならないということですね。これはマーケティングにもいえます。

そのためには、相手(お客様)が何をしたいのかを、目的別に分かり易い言葉で伝えることが、今後のポータルサイトで求められるのではないかと思います。

人気blogランキング


|

« 直販の自動車保険会社を使ってみる。 | トップページ | 経営者向けホームページ実践セミナー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポータルサイトについて:

« 直販の自動車保険会社を使ってみる。 | トップページ | 経営者向けホームページ実践セミナー »