« メルマガ広告用ホームページ | トップページ | 落ち着いた接客がGood! »

2006年1月 6日 (金曜日)

手書きPOPの効果とは?

久しぶりに書店に行きますと、やっぱりいいですね~

何がいいというと、沢山、本が読めるからです!(苦笑)

半分冗談ですが・・

というのも、いつもは、ネット書店最大手のAmazon(アマゾン)で購入するので、中身をみずに、ウワサになっている本や、何かで紹介されていたのを覚えて、タイトルだけでカートに掘り込んでいきます。

最近は一部立ち読みできる(中身が見える!)ますが・・

リアル書店にいくと、まず正面に売れ筋商品がずら~っと並べられていますよね。

ベストセラーが一瞬でわかります。

最近、60万部を突破した、「生協の白石さん」もありましたね。

そこで、やたらと目に飛び込んでくるのが、POP(ホップ)と言われる宣伝用のカードです。

あのセカチュー(「世界の中心で愛を叫ぶ」)も、某書店販売員らの手書きのPOP広告が口コミになりヒットのきっかけを作ったことは有名な話ですよね。

結局、その手書きPOPが、全国の書店の販促ツールにもなりました。

今のデジタル時代にアナログ的な”手書き”というのが、逆に目立つということです。

実は今年の年賀状に「まるで手書き」というソフトを使ってコメントを書きました。

手軽に自分のフォントを作ることができます。

気持ち、アナログな感じが出せます。

遊び感覚で使ってみてください。

|

« メルマガ広告用ホームページ | トップページ | 落ち着いた接客がGood! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手書きPOPの効果とは?:

« メルマガ広告用ホームページ | トップページ | 落ち着いた接客がGood! »