« 新しい価値曲線を生み出す4つのアクションとは? | トップページ | 無料レポート »

2005年12月12日 (月曜日)

Skype(スカイプ)の威力

先日、アメリカとの国際電話に、今流行りの”Skype(スカイプ)"を実際に使ってみました。

相手は先日、日本での初セミナーを無事終えられ、アメリカに戻られた、在米ネット商人の磯一明さんです。

現在も米国にてネットで商売をされている、プロのネット商人です。

先日の日本でのセミナーの出張報告が彼のブログにも掲載されています。

磯さんによりますと、ニューヨークとの時差は14時間ほどあるようで、こちらはちょうど昼時でしたが、向こうは、えぇ~と、、確か夜の10時ごろということでした。(こちらのビジネスタイムに合わせて頂きました。ありがとうございます。)

このスカイプ、インターネット電話ということでしたが、何千キロも離れた海外と通話しているという感じではまったくなく、とても鮮明に聞こえるので正直ビックリしましたね。

しかも無料!

磯さんとは今回初めてお話させていただきましたが、大変、丁寧な口調がとても好印象でした。

さて話の内容はPaypal(ペイパル)という通貨の仲介をしているサイトについて色々と教えていただきました。

Paypalはアフィエイリトの支払いの他、向こうでは飲み会などの集金にも使ったり、大変便利なサイトなんだそうですが、完全に日本語化されていないので英語の苦手な私にはちょっと使い辛いですね(苦笑)

海外への送金も簡単にでき、しかも無料ということなので、ビジネスに以外にも、海外留学先の子供への送金などにも使えそうです。

英語に自信のある人は一度お試しあれ!

追伸、磯一明さんの最新インターネットネットビジネス教材はこちら↓↓↓

アメリカ発 情報起業 DVD講座 情報起業の第二の波とは?

|

« 新しい価値曲線を生み出す4つのアクションとは? | トップページ | 無料レポート »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Skype(スカイプ)の威力:

« 新しい価値曲線を生み出す4つのアクションとは? | トップページ | 無料レポート »