« 奇跡のメルマガ読者獲得法 | トップページ | メルマガ戦略 »

2005年10月17日 (月曜日)

高確率セールス

成約するのは4.4回目のコール?

これは本日のお勧め情報№2でもご紹介したジャックワース氏が提唱する高確率セールス ニュースレター(10/17付け)で配信された記事に掲載されていたものです。

詳しくはマガジンのバックナンバーを参照してもらいたいが、ジャックワーク氏によると、


高確率セールスでは、23業種にわたる約900人に
上る営業マンの実際の成約率を調査しました。平均値でみると
営業マンは見込み客の17%を成約し、成約するのは4.4回目の
コールでした。

”コール”とは電話だけではなく訪問の場合もあります。

つまり、1、2回のアプローチだけで諦めてしまう人よりは、3,4回とアプローチしたほうが成約の確率が高くなるというデータがでているとのことです。

もちろん高確率セールスを使っての話になります。

高確率セールスを勉強した人もまだの人も↓↓↓
 「売り込まなくても売れる!」実践編 トップ1%の営業マンから生まれた「高確率セールス」ジャック・ワース (著)

|

« 奇跡のメルマガ読者獲得法 | トップページ | メルマガ戦略 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高確率セールス:

« 奇跡のメルマガ読者獲得法 | トップページ | メルマガ戦略 »