« 質問の重要性について | トップページ | あなたの「物語」を語れ! »

2005年7月28日 (木曜日)

質問の重要性について

先日配信した内容にメルマガ読者からの質問がきましたので回答します。

> はじめまして。メルマガの一読者です。
>
> 今回のメルマガでは、質問の重要性を説かれていましたが、
> 初めて問い合わせしてきた人に対して、質問攻めをするの
> は、少々失礼ではないかと思う部分があります。
>
> 相手に不快感を与えずに質問できる方法がありましたら、
> メルマガ上でも構いませんので、紹介していただければ
> 幸いに思います。
>
> いきなりのメールで失礼致しました。
>

こちらが質問する内容がこちらの都合で聞きたいことだけを聞けば、おそらく相手(お客様)もいやな感じを受けると思います。

すべては相手(お客様)の立場にたって一緒に悩みを解決してあげるという姿勢がなにより重要です。

もちろん答えたくない場合があれば、遠慮なくおっしゃってくださいね。と一言いってあげるのもいいかもしれません。

とにかく相手と悩みを共有できなければ、小手先の解決方法をいくら提示しても、結局、お客様の本当の悩みを解決したことにならないからです。

この初期面談時に聞き漏らしがあったため、結局、契約までにいたらなかったということがよく発生していました。

「なんで、もっと早く言ってくれなかったの?」と。

事前にすべてのことを聞いておけば、問題は未然に防げるということです。

ただ、中にはこちらからの質問に一切答えようせずに、

「いや、私が聞きたいのは、○○です!」と、強引な感じで自分の聞きたい質問ばかりしてくる人がいます。

そういう人は、つまり悩みを共有してくれないお客様は、自分達のお客様ではないと早く割りきってしまった方がいいでしょう。

|

« 質問の重要性について | トップページ | あなたの「物語」を語れ! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 質問の重要性について:

« 質問の重要性について | トップページ | あなたの「物語」を語れ! »