« ランキング上位はどこのブログ? | トップページ | 検索エンジンとブログの相性が悪いって? »

2005年2月25日 (金曜日)

市場が成熟期に入っている証拠

■市内の某不動産会社の社長様と部長様がご相談にお見えにな
  りました。

  この不動産会社のコア事業は賃貸です。

  しかし、賃貸市場は供給過剰気味で広告の反応が落ちてきてい
  るのでインターネットで何とかしたい。

  ホームページは10年前から初めているということでしたが、
  基本的には業者にまかせっきりとのことでした。

  「現在、ホームページからの売上はどれぐらいありますか?」

  とお聞きしたところ・・・

  「ありません。ゼロです。」

  相当に早い段階から色々と取りみをされてはきてるようでしたが、
  現実には売上がない。

  実は、相談に来られる約半数の企業様は、ホームーページの売上
  がセロです。

  売上がある会社とまったくない会社にだいだいわかれます。

  その違いは何か?

  それはインターネットビジネスに真剣に取り組まれているかどうか。

  簡単にいえば、お金をかけているか、かけていないかです。

  例えば、先日ご相談にお見えになった製麺機の製造会社様では
  専任のWeb担当者が6名もいるとのことでした。

  専任でなくとも担当者がいるいないで売上げに影響してくるのです。

  一昔前なら、ホームページを出せば、そこそこ問合せも来ていたは
  ずです。

  しかし、今、総務所の調べでは、ホームページの総数は7,000
  万ページ以上もあるのです。

  さらに、誰でも簡単にホームページをもてるブログの登場で、さらに
  増えつづけています。

  そこで多くの人に目にしてもらうためには、色々な道具を組み合わ
  せなければならなくなってきました。

  検索エンジン、メールマガジン、そして今ならブログです。

  じゃ、先ほどの不動産会社はどこにお金をかけているかといえば、

  アナログ媒体での広告です。

  しかも年間1,200万円以上!!

  しかしこれはこれで、投資した金額以上の効果があるので、
  やり続けているわけです。(やめられない!)

  しかし、その反応もだんだんと落ちてきていると。

  しかも毎年広告費を増やしても下げ止まらない。

  これは明らかに市場が成熟期に入っている証拠です。

  このような時期にいくら広告費を突っ込んでも逆効果です。

  じゃどうすればいいのか?

  まずは、やはり戦略の見直しが必要ということになりました。

 マーケティング人気blogはこちら!

後継製品へ無料アップグレード 468×60

|

« ランキング上位はどこのブログ? | トップページ | 検索エンジンとブログの相性が悪いって? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市場が成熟期に入っている証拠:

» RSS配信サービス開始! [アラジンウォッチ!]
3月15日よりアラジンサイトにて、検索結果、及び、「アラジンウォッチ!」などで「RSS配信サービス」を開始しました!本「RSS配信サービス」をご利用されますと... [続きを読む]

受信: 2005年3月15日 (火曜日) 午後 09時42分

« ランキング上位はどこのブログ? | トップページ | 検索エンジンとブログの相性が悪いって? »